オーガニック食材深掘り Written by Lady organic

1.ココナッツオイルは紫外線から肌を守る?/ココナッツオイルの賢い使い方29

ココナッツオイル

ココナッツオイルでUVカット

ココナッツの香り=日焼け止め

そう連想したことは、ありませんか?
果たして、ココナッツオイルは、紫外線をカットするのでしょうか。海外の専門家コラムを参考に、検証していきたいと思います。

今回は、Healthlineの記事を和訳して解説。

紫外線を約20%カット!

皮膚がんのリスクを高め、しわや茶色の斑点を引き起こす可能性がある太陽の紫外線(UV)。ココナッツオイルは、どうやら紫外線から肌を保護してくれるようです。 実際、ある研究(※1)によると、ココナッツオイルは太陽の紫外線の約20%を遮断します。(1の情報源

SPF7と推定

ただし!一般的に発売されている従来の日焼け止めクリームは、紫外線の約90%を遮断するのに対し、ココナッツオイルは20%程度の遮断である点に注意が必要です。

つまり市販の日焼け止めのような、高い日焼け止め効果はありません。とある研究(※2)では、ココナッツオイルの日焼け止め係数(SPF)は、『7』と推定されています。SPF7という数値は、国によっては最小推奨値よりも低い数値にすぎません。(2の情報源

著者:フランツィスカ スプリッツァー
栄養学と栄養学の理学士号を取得。糖尿病と体重管理のための炭水化物制限食の専門知識を持つ認定糖尿病療養指導士。

このコラムによると、どうやらココナッツオイルは、SPF7程度のUVカットが見込めるけれど、それは市販の日焼け止めと比べると非常に弱いものであるようです。

 

長年愛用しているサーファーの話

「うちの夫ね、サーフィンの時は
必ずココナッツオイルを塗ってるよ。
シミ、シワ知らずの健康的な小麦肌なのは
ココナッツオイルのおかげなんだって。」

ココナッツオイルについて、友人(50代サーファーの妻)と話していた時、彼女がそう教えてくれました。

旦那さんは20年前にハワイのサーファーに聞いて以来、サーフィンの前と後に必ずココナッツオイルを全身に塗っているのだそうです。サーフィン後すぐに海で全身に塗って、帰宅してシャワーを浴びると肌がもっちり潤うし、日焼けのし過ぎで皮膚がベロンとむけることも無くなったそう。

美白を目指す方は、市販の日焼け止めをしっかり塗り込んだ方が良さそうですが、健康的な小麦肌が好きな方は、この夏ぜひ試してみてはいかが?

 

【おすすめの商品①】
塗ってよし、食べてよし。
Amazonレビューでも最も評価が高いココナッツオイル

 

【おすすめの商品②】
地球と肌が最高に喜ぶ究極の日焼け止め。
化学薬品をいっさい使っていないそう。SPFは不明。

 

【おすすめの商品③】
ほどよくナチュラル+機能的。
保湿も、日焼け止めも叶う、SPF50+PA++++